2010年06月21日

指輪一気読み

指輪物語をなんとなく手にとりましたら、ついつい止まらなくなりました。
気がつくと次の日!!
やばい、やばいよと思いつつもページをめくる手が止まらん!!
昔はとばしていたホビット庄の歴史だのなんだのが一番おもしろいです。
ガンダルフ、世界の危機が迫っているのに、二週間も滞在したりして。よっぽどホビット好きですよ。
フロド、50歳過ぎてたんだ・・・。
映画のイメージ強くて、もっと若いかと;
ドワーフのギムリが、口下手なようでけっこう語っているところがかわゆいですよ。
しかし、上下巻のみならず、上の1巻・2巻と分かれてるんだもんな〜。すごい量だよ。
トールキン御大が片手でぽつぽつと清書のタイプを打ってるところを想像すると微笑ましいです。
もうやってられるかっ、とガンダルフみたいに切れてたりしたこともあったかも?
posted by ささのご at 21:34| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。